渋谷の大工事は一体いつになったら終わるのだろうか

新宿だとか横浜だとか、池袋だとか、大きな駅というのは、基本的にいつでもどこかで工事をしていたりしますよね。
駅の設備や環境の改善だったり、駅舎や駅ビルの建て替えだったり、いろいろと理由はあると思います。
そういう点では、渋谷駅も休みなく工事をしているということは変わりませんが、それにしても渋谷駅の変わりぶりというのは目を見張るものがあります。
数年前に副都心線が開業して、東急百貨店の建て替えがあり、ヒカリエという新しい商業施設もオープンしました。
副都心線に相互乗り入れをする東横線のホームが地下に移ったり、かなり大きな変化が集中して起きている感じがします。
渋谷駅周辺ではいたる所で工事をしているし、これからどんどん駅前には大きな建物が立ったりするのでしょう。
先日、久しぶりに渋谷駅の周辺を歩くことがあったのですが、私の記憶の中の渋谷駅の姿といろいろと風景が違っていてびっくりしてしまいました。
前々から、渋谷駅の東西の移動の利便性というのは問題視されていましたが、そういうピンポイントの問題ではなく、駅自体がまったく新しくなろうとしています。
現在の工事が終わって全貌が見えるのはまだまだ先らしいのですが、いったいどんな駅になるというのでしょうか。

私が好きになる漫画は中途半端で終わるのが多い

私が好きになった漫画が高い確立で途中で止まる事が多い事に気が付いてしまいました。
漫画で最初に好きになった漫画家の夜麻みゆきさん「刻の大地」に始まり、「最遊記」 「ワールドトリガー」と中途半端な状態で止まっているのが多いです。
しかも,私が好きになった漫画って最終的には中途半端な形で終わっているのも多いし、「打ち切りだろうな」と思ってしまうのも多いので、漫画が始まったら、ある程度ちゃんと成立させて欲しいなと思ってしまいます。
作者の病気とか色んな都合もあるのでしょうが、一つの漫画を描いている途中に次の漫画を描くのは私はあまり良くないのではないかと私は思います。
ただでさえ、負担の多い漫画家さんが、体を壊すのは分かっている事だと思うからです。その管理もちゃんとしないといけないんだろうなと思います。
楽しみにしているので頑張って欲しいなと思ってしまいました。
次にハマる漫画は最後まで描ききってもらえる事を心から祈りながら、漫画を読みあさろうと思います。黒ずみ クリーム ランキング