繕うということ=物を大切にするということ

久しぶりに見つけた靴下の穴、すごくお気に入りの靴下だっただけに見つけた時は(穴)少し残念に感じた。特別にその靴下が高いわけでもない。色や履き心地、デザインがシンプルでお気に入りというだけ。普段なら捨てるところだが、なんとなく愛着というか気に入ったものなので縫ってみようという考えに辿りついた。小さ目の穴なのでもちろんすぐに縫うことはできた。裁縫箱を開け糸と針、そして久しぶりの縫うという作業。裁縫は得意ではないが、何だかなつかしく感じられる瞬間と共に、「ものを大切に」という大事さを少し学んだように感じた。また穴が開くかもしれないけれど、しばらくはこれで大丈夫そうだなと靴下を見ながら思った。ちょっとした工夫=繕うということ、そしてまた履けるという喜び。普段、意識せず破れたりすると次のものという考え方になる所だが。少しの時間でもとの形に戻るということで小さな発見に気づかされたように感じた。あと何回履けるかわからないけれど、大事に履きたいな。