頭を柔軟にするためにこれからは読書を習慣化していきたい

私は何年もの間読書から遠ざかっていたのですが、先月頃から無性に本を読みたくなってきて、今はマーケティングについて書かれた本を読んでいます。
経済については素人で、昔は見向きもしなかったジャンルですので何故急に読みたくなったのか自分でもわからないのですが、とにかく気持ちのおもむくまま読んでいます。幾つになっても新しい世界を知ることは楽しいものだと実感しました。
マーケティングの基礎の基礎から勉強できる入門者向けの本をじっくり読み進めていると、知らなかった世界がどんどん頭の中に飛び込んできて、脳が若返ってきているような気分になります。マーケティングが企業の担当者でもない限り毎日の生活に役立つとは思わないのですが、年々思考が固まってきている私の頭を柔らかくしてくれそうだと期待しています。
いくら読書好きでも過去から現在まで好むジャンルに全く変化が見られないのでは、その人はいつまで経っても自分の住む世界の枠を広げられないでしょう。
好みのジャンルは人それぞれですから余計なお世話かもしれませんが、1つのジャンルばかり読んでいる人はどうも思考の偏りがあるように傍目には見えます。少なくとも私の周りの人はそうです。
私の読書の目的は頭を柔らかくすること、その目的のためにこれからも多ジャンルの本を読んでいくつもりです。エピレ vio 効果

私は平和主義ですが・・・ただの偽善者でもあります。

仕事をすると、辞めた時のことを考えてなるべくニコニコして仕事をするようにしています。
辞めてから色々言われたくないのです。
前に働いたところが、新しい人が入ってきてもすぐに辞めてしまう人も多かったので、そしたら職員同士でああだこうだとその人について話すのが定番になっていました。
「最初からすぐ辞めると思ったよ」「なんかあり得ないことしてたよね〜」とか色々言われていたので、新しい職場に就いたときは辞めてからそんなこと言われないようにニコニコ頑張っていました。
そして辞めるときもなるべくいいことを言って無難に辞めたのですが、なんだか私ももやもやしています。
偽りの自分って、やっぱり疲れますね。
無難に辞めたからその職場の人とは未だに連絡をとったりしていて良好だけど、言いたいことを我慢して働くのってなんだかなぁって思うのです。
誰かに嫌われるくらいなら偽りの自分でもいいかなと思ったりもしましたが、やっぱり自分が思ったことはちゃんと言葉にしなきゃいけないなという思いもあります。
偽善者は偽善者でいいのかもしれないけど、これからは自分の意見を言える人になりたいと思っています。http://www.fndg.co/aiful/aiful-hensai.html